任意整理のペナルティ

任意整理による借金問題の解決策は金融機関と交渉をして借金の返済をしやすい状態を作っていくことが目的になっており、他の方法のように複雑な法的な手続きをして進めていく性質のものではありません。

しかしながら任意整理においては金融機関との交渉において金融や法律の知識が乏しいと上手く交渉することができないことから通常であれば借金問題に強い法律事務所などに依頼をするようになっています。

任意整理をする場合に気を付けないといけないことはペナルティを受けることで主なものとしてブラックリストに入ることで新しく金融機関が提供している金融サービスの利用をすることができなくなってしまうものです。

債務整理の中ではレベルの低い部類になる任意整理ではありますが、それでも金融事故としてカウントされることになるので他の金融機関も警戒してお金を貸し付けることはしなくなります。

ただし永年的に続くものではなく一定期間が経過して特に金融事故などを新たに起こしてないのであればお金の借り入れなどができるようになることもあります。

任意整理は借金整理ができるメリットとブラックリストに入るデメリットのバランスによって個々に感じることは違ってくると思います。

借金任意整理ランキング

複数の金融機関から借金をしている場合

過払い金請求は任意整理の中の一つの方法であり、キャッシングやクレジットカードの金利が今よりも高い時代にお金を借りていて返済をした過去がある場合は発生している可能性のあるお金です。

弁護士や司法書士に相談をして過払い金が発生しているようであれば依頼して金融機関と交渉をしてもらうことができるのですが、そこに対してかかってくる報酬については一件あたりに対しての報酬になります。

複数の金融機関から借金をしていた過去がある場合に過払い金の請求をする場合はそれぞれのところと交渉をしていく必要が出てくるので、かかる弁護士や司法書士に対しての報酬額というのもかなり高額になることが想定されます。

また、金融機関との交渉時間についても長くなることが想定されるので最終的に過払い金が手元に戻ってくるまでの時間についてもかかることが予想されるため注意しないといけません。

複数の金融機関から借金をしている場合だと返済がかなり厳しくなることも想定されますが、既存の借金があるという場合は戻ってきたお金を用いて借金返済させることができます。

まずは過払い金の発生の有無を調べてもらう必要があるので事前に調べてから請求についても考えるようにしましょう。

借金との上手な付き合い方

私が借金をする上で気を付けていることは利便性が増した今日においてもお金を借りるということは借金をすることであり、それにはリスクを伴うということを自覚して借りるようにしています。

借金を返済することができなくなっても任意整理などの債務整理で借金問題を解決させることはできるのですが、それをすると社会的な信用というのも少しずつ低下していくことになり将来お金が困った時にどこからも借りることができなくなってしまいます。

借金と上手に付き合っていればそのようなことはないと思いますが、私はそこまで器用ではないのでお金を借りる際には返済シミュレーションなどのツールを利用して完済までの流れをしっかり可視化することができるようにしていました。

返済の流れを借りる前に知っておくだけでも借金との向き合い方に対して気持ちの変化が出たように思うので借りる以上は完済までをしっかり見据えておくことも大事なことではないかと実感しました。

今後も便利なローンサービスと言うのは増えることが想定される中、私は借金を否定するのではなく上手に賢く活用することで生活の大きな助けになると考えて借り入れをすることがあった場合にも計画をきちんと立てたいと思います。